「絵が描けるようになれたらいいな。でも私には無理」本当にそうでしょうか……?

こんなあなたはパソコン絵画と相性がぴったりかもしれません

  • いつかは絵が描けるようになりたい。ずっとそう思っていた
  • 絵画教室(教本)で学んだけれど、難しすぎて挫折した
  • 自分の絵が下手すぎて、目をそらしたくなるレベル
  • 物の形を上手にとらえてスケッチができない
  • 絵の具を混ぜると泥のような色になってしまう
デジタルの力で弱点をカバーし、あなたの強みを引き出す。それがパソコン絵画です
Play
ぼかしを用いた水彩画
Play
動物のふわふわした毛を描く
Play
タブレットで水彩画
Play
油彩画の背景の作り方
Play
家にある小物の描き方
previous arrow
next arrow
Slider

線を描かないから、絵心ゼロでも安心。大人の塗り絵感覚で楽しめます

絵が描けない方にも描ける喜びを感じてもらいたい。そんな考えから当教室では、初心者レベルのうちは線を描いてもらうことはしません。

ペンタブという慣れない道具を使って思い通りの線を描くには、かなりの練習が必要。ここで悪戦苦闘するうちに「私にはできない」とやる気が萎えてしまう方を多数見てきました。そこで線画は教室で用意することにしたのです。

線画が完成した状態から始められるので、色を塗ったり重ねたりする楽しさをたっぷり味わうことができます。体験会でももちろん、参加者の方に線を描いてもらうことはありません。絵が描けない方でも安心してご参加できます。

色を置いてぼかすたけの「ふわふわ水彩」は簡単。だけど奥深い

当パソコン絵画教室では水彩画をメインにレッスンしています。このパソコン水彩と一口にいっても、描き方は人それぞれいろいろ(本物の絵の具を使った水彩と同じです)。教室でも複数の描き方をお伝えしています。

今回体験していただけるのは、数ある描き方の中でも一番簡単かつ応用が効く「ふわふわ水彩」です。手順はたったの2つ。色を置く、ぼかす、これだけです。この繰り返しで絵を形作っていきます。

けれども水や色の調節を細かく行えば、上級者の方でも満足できる深みのある表現が可能です。まさにパソコン水彩の可能性が感じられる「ふわふわ水彩」。ぜひこの機会に体験してみてくださいね。

お絵描き道具の購入は不要。すべて教室でご用意。手ぶら参加可

パソコンで絵を描こうと思ったとき、一番ネックになるのが道具の問題。パソコン本体はもちろん、ペンタブレット、絵画用お絵描きソフトなど必要なものがいくつもあります。適当なものを選ぶと思った絵が描けない、なんてことも。あまりパソコンに詳しくない初心者の方にはなかなかハードルが高いですよね。

パソコン絵画教室によっては、ノートパソコンを自分で購入して持参することが条件のところも。でも軽くて1.5kgはするものを持っていくだなんて、大変ですよね。バッテリーやアダプタも持てば、さらに重くなります。私のように肩こり・腰痛持ちの人にはまず無理な話というもの。

そこで当教室では4名様分のお絵描きセット一式をご用意しました。レッスン時間中、生徒さんは無料で利用することができます。もちろん初期設定済みなので電源を入れるだけですぐに使えます。

パソコンお絵描きに必要な道具:ペンタブレット
ペンタブレット(通称:ペンタブ)

パソコンで絵を描く人の多くがペンタブレットを利用しています。マウスでは滑らかな曲線を描きにくく、また手を傷めやすいという事情があるからです。

パソコンお絵描き用のパソコンはスペックに注意
パソコンとモニター

お絵描き初心者のうちは今お使いのPCでも問題ありません(上達後は買い替えた方がいい場合も)。モニターはブルーライトカット機能付きなど目に優しいものがおすすめです。

絵画用お絵描きソフトArtRage
絵画専用お絵描きソフト

お絵描きソフトであればどれを選んでも同じ、ではありません。絵画用とマンガ用ではソフトの機能が大きく変わってきます。

Slider

デジタルだから、手や服も汚れない。失敗してもやり直しができます。

パソコンで絵を描くことの大きなメリットとして、「汚れない、臭わない」「操作を戻せる」という2つがあげられます。

ご自宅の部屋で絵の具を扱うとなると、汚れの心配がつきもの。油絵だとさらに臭い・換気にも注意が必要です。そばに小さなお子さんやペットがいれば、いたずらにも気をつけなければいけません。

また当然ながら、絵の具で描いた絵は一度失敗したらそれで終わり。水で色を拭うなど挽回策はあるものの、いつもうまくいくとは限りません。

パソコン絵画であれば、周囲に気遣いはいりません。操作は何度でも戻せるので、失敗したらその直前から描き直しができます。試行錯誤が無限にできる、絵が上達しやすい画材ともいえるかもしれません。

早くは描けない。そのかわりコツコツの積み重ねで本格的な絵も描けます

パソコンで絵を描くというと、サクッと楽にできるという誤ったイメージをお持ちの方もいます。恐れながら、「簡単に短時間で見栄えのする絵を描きたい」という方にパソコン絵画は向いていません。完成まで数時間~数日もの時間がかかるからです。

「なんだか難しそう」と思われるかもしれませんが、そこはご安心を。文明の利器をフル活用できるというデジタルのメリットを生かせるので、初心者の方でもまったく問題ありません。コツコツ作業が好き、という方であればOK。

特に「子どもの頃から絵が描けなかった」「絵画教室や絵画教本で挫折した」という方はデジタルを試す価値があると思います。自分の弱点をデジタルに補ってもらい、強みを生かすという描き方が可能になるからです。

完成した絵からグッズ作りも体験できます

イラスト1

パソコンで描いた絵はデジタルデータになります。このデータを活用すると簡単にオリジナルグッズの作成ができます。当教室では生徒さんのご希望に応じて、グッズ作成のやり方も教えています。

せっかく苦労して描いた絵。印刷して飾るだけではもったいないですよね。私も自分の絵を活用して、様々なグッズを作ってきました。家にプリンターがなくても大丈夫。教室のプリンター、コンビニや印刷所のサービスを利用することができます。

簡単なものだとミニ封筒や名刺などのペーパークラフト。本格的なものだとクリアファイルやマグカップ、スマホケースまで作ることができます。

過去の体験会の様子

去年の体験会の様子です。最初に描き方の説明を受けた後はご自分のペースで進めていただけます。わからないところがあれば、どうぞ気軽にお声をかけてください。私の方でも手が止まって操作に迷われているようでしたら、お声がけするようにしています。

当教室の定員は最大4名。一般的な絵画教室とは異なり、おひとりおひとりに目が届く、きめ細やかなレッスンが自慢です。前回終わらなかった課題は次回のレッスンでも継続が可能。ご自分で納得がいくまで時間をかけることができます。また個々人の苦手な部分については個別にフォローを行い、その方の強みを伸ばせる練習法を提案していきます。

パソコン絵画体験会の概要

パソコン絵画とあなたの相性を試せる体験会

体験会のメニュー

  • パソコン水彩体験(75分)
  • 成増教室のご案内
  • アンケートタイム

所要時間

1時間45分

直近の体験会日程

  • 2018年6月21日(木)14:00~16:00

日程が合わない方、お気軽にご相談ください。教室を開いている月・木曜日にも同じ内容を体験することができます。メールにてお気軽にお問い合わせください。

参加費

500円(当日手渡しでお願いします)

定員

4名(最小催行人数1名様より)

会場

住所:東京都板橋区成増1-28-15林屋ビル401号室(成増レンタルスペース:ランファン内)

最寄り駅:東武東上線成増駅南口より徒歩2分/ 東京メトロ(有楽町線・副都心線)地下鉄成増駅4番出口すぐ

駅前通りに面したビルの中にあります。こちらが入口です。エレベーターで4階まで上がってください。

成増駅前レンタルスペース:ランファンにて、パソコン絵画教室を開講中

ランファンというレンタルスペースをお借りして、教室を開いています。到着したら、インターフォンを鳴らしてください。

パソコン絵画教室:成増校はレンタルスペースランファンさんをお借りしています

教室の内部です。当日はテーブルにパソコン4台とペンタブを配置します。コートかけ・フリードリンク機もご利用いただけます。

パソコン絵画教室で利用している、成増の駅前スペース:ランファンの室内

パソコン絵画を試せるのは今だけ

パソコン絵画を教えていて、さらに道具の無料貸し出しまで行っている教室はご近所にもあまりないかと思います。ワンコイン体験できるこの貴重な機会をぜひお見逃しなく。

興味はあるけれど遠くだから通えないという方には、対面式ネットレッスンも行っています(ネットレッスンご希望者向けの体験会も有り。お気軽に問い合わせください)。いきなりネットは不安、最初は教室で直接習いたいという方もぜひこの機会においでください。

お申し込み

ボタンをクリックし、申し込みページからお名前・ご希望日(「詳しい内容」にご記入ください)・メールアドレスをお知らせください。確認後、折り返しご連絡いたします。

または以下の方法でもお申し込みできます。

お名前と人数、ご希望される体験会の日時をお知らせくださいませ。

※開催2日前の正午までに申し込み者がいない場合、体験会を中止させていただきます。早めにお申し込みいただけると幸いです。