パソコンでミニ水彩塗り絵を体験できる、アートな習い事きっかけレッスン
パソコン絵画教室ヘッダー
パソコン絵画体験会
Slider

ペンタブを使うとマウスよりなめらかな曲線が描ける。手の負担も軽いというメリットも

ペンタブ(ペンタブレット)で絵を描くメリットとは

パソコンで絵を描くならぜひほしい、便利なペンタブレット

パソコンで絵を描くといったらペンタブレット

ペンタブレット(通称:ペンタブ)は、板とペンがセットになったパソコン用の入力機器のことです。マウスのようにUSBケーブルでパソコンと接続します(※物によっては無線接続も可能)。

板の上でペンを動かすことで、マウスと同じようにカーソル操作やクリックができます。ペンという人の手になじんだ形状なので、マウスでは描きにくい曲線もより楽に、なめらかに描くことができるのです。

ペンタブレットとパソコンで絵を描く

マウスとの違いは、筆圧感知機能がついていること。力を込めてペンを動かせば太い線になり、力を抜けば細い線になるといった具合です。

ペンタブの板にかかる筆圧で線が変化する

ペンタブはマウスに比べて手を痛めにくい

またペンタブのメリットとして、手にかかる負担が少ないことがあげられます。マウスのドラッグ操作、1日何百回と行うクリック操作(長時間絵を描けば、それくらいいきます)は手にダメージを与え、腱鞘炎を引き起こすことも。

ペンタブでのクリック操作はペン先を板につけて離すだけ。ドラッグもペン先を板につけたまま動かすだけ、ボタンを押さえる必要はありません。

さらには他のお絵かき向け入力機器に比べて、圧倒的に安いのも特徴です。特にワコム製ペンタブは7,000円程度から買えますし、絵を描くためのソフトがセットになっているのでお得です。

以上のような理由から、初めてパソコンで絵を描く人の大半はペンタブを購入します。けれどもペンタブでなければ絵が描けないわけではありません。絵描きさんの中にはペンタブを使わず、マウスで描いてる方も少数ですがいらっしゃいます。

これからパソコン絵画を始めるならIntuos Drawがおすすめ

これからパソコン絵画を始めたい方には、絵画用ソフトArtrageの簡易版(Lite)が無料でついてくるIntuos Drawがおすすめです。単品で購入すると1万円しますし、ソフトの販売サイトから自分で購入する手間も省けるのでとってもお得(^^♪

旧型のIntuos Draw(ペンタブ)には絵画ソフトArtRageの入門版がついてくる

もちろん簡易版なので、完全版のArtrageに比べると若干できることは少なくなります。それでもパソコン絵画の基礎を学ぶにはこれで十分。教室の生徒さんにはLiteを使っていらっしゃる方も。

さらに。あとでやっぱりArtrageにしたい!と思ったときでも安心。簡易版のLiteから完全版のArtrageにアップグレードするとき、なんとLiteのユーザーは50%オフの特典が受けられます! Artrageとペンタブ、それぞれ別で買うよりずっとお得なんです。

(追記20180427)

Intuos Drawがリニューアルされました。新しいIntuos DrawにはArtRage Liteが付属しません。ArtRageをお得に買いたい方は旧版のIntuos Drawをお求めください。この記事を書いた段階ではまだ在庫がありました。

ペンタブに早く慣れるコツは毎日使うこと

さて。パソコンで絵を描く人の多くはペンタブを使っているとお話ししました。けれどもペンタブには、慣れるまで時間がかかるという欠点があります。

ペンタブさえあればすぐ絵を描けると勘違いされている方が多いのですが、ペンタブとはあくまで道具。ピアノと同じで、ある程度練習を積まなければ使いこなせません。

ペンタブは板の上でペンを動かしながらパソコンのモニターを見て絵を描きます。この板とモニターは大きさも違えば、比率も違います。そのためどこにペンを持って行けばねらった場所にカーソルを移動すればいいのか、初めのうちは感覚がつかめずに苦労するのです。

でもいったん慣れてしまえば、この辺りのことは無意識のうちにできるようになります。ぼんやり別のことを考えていても絵が描けてしまうくらいです。

もし早くペンタブに慣れたいのであれば、ペンタブにさわる時間を増やすのが最短ルート。絵を描く時でもマウスの代わりにペンタブを使うのが一番の近道。ちょっとネット検索するときでもペンタブを使うのです。こうして毎日使うようにすれば、自然とペンタブに慣れていきます。