パソコン絵画の楽しみ方・活用法

描いた絵を飾り、家の中に小さなアート空間を作る

家に飾る絵は、ポストカードサイズで描くのが手頃で場所もとりません。プリンターがなくても大丈夫。コンビニのハガキ印刷でプリントできます。絵を入れる額もこのサイズであれば、100円ショップなどで豊富に揃っています。居間やトイレに絵を飾れば、家族は毎日あなたの絵を目にします。こうして絵に親しんでもらうことで、あなたの趣味を理解し、認めてもらえるという思わぬ効果も。 >>続きを見る

家に自作の絵を飾ってアートな趣味を家族と共有する

散歩のついでに公園で魅惑のスケッチ時間

絵を描く人の憧れ、旅スケッチ。でもいざやろうとするとなかなか難しいですね。まずはご近所でのスケッチデビューから始めましょう。いつものお散歩にスケッチブックと鉛筆をお供に、優雅なアートタイムを楽しみましょう。人目もあるので、スケッチはサクッと短時間で。あとは家に持ち帰って、パソコンに取り込んで着色します。スケッチの帰りには自分へのご褒美として、おしゃれなカフェに寄ってみるのも素敵です。 >>続きを見る

iPad miniで公園スケッチの趣味を楽しむ

絵を元に世界でひとつだけのオリジナルグッズを作る

パソコン絵画で描いた絵を活用して、文具や小物などオリジナルグッズを作ることができます。グッズの加工作業は印刷所やノベルティ製作会社が行ってくれます。こちらからは所定のテンプレートファイルに絵を当てはめて送るだけ。最近では1点から作ってくれるところも増えています。鏡やクリアファイル、マグカップ、スマホケースなど、たいていのものは作ることができます。 >>続きを見る

自分が描いた絵からオリジナルグッズを作るのも楽しい趣味の一環

SNSに絵を投稿して世界中の人に見てもらう

絵を描き始めたら、SNSやサイトへの投稿をおすすめします。せっかく完成した絵を居間に飾っても、見てくれるのは家族とわずかな来客だけ。インターネット上に載せれば、何十人、あるいは何百人もの人たちに見てもらえます。特にSNSは「いいね」など人からの反応を得やすいので、絵を描くモチベーションアップにつながります。こうしてネット上に絵を投稿しておけば、作品集代わりとしても使えます。 >>続きを見る

描いた絵をSNSへ投稿してみる

絵手紙 に日常生活の小さな感動を見つけだして綴る

今人気の趣味である絵手紙。これもパソコンとお絵描きソフトで描けます。本格的な絵には興味がない友だちや家族にも、見て楽しい絵手紙なら気軽に送ることができます。絵手紙はネタと新鮮さが勝負。絵の美しさより、遊び心の方が大事。見られることを気にして、背伸びして絵を描くことに疲れてしまった。そんな時は素直な気持ちにかえれる絵手紙が特効薬になります。 >>続きを見る

パソコン絵画では絵手紙の趣味も楽しめる