パソコンでミニ水彩塗り絵を体験できる、アートな習い事きっかけレッスン
パソコン絵画教室ヘッダー
パソコン絵画体験会
Slider

世界でただひとつ、自作の絵を使ったオリジナルグッズを作りたい

自分が描いた絵からオリジナルグッズを作るのも楽しい趣味の一環

家にプリンターがなくても気軽に始められる、オリジナルグッズ作り

描いた絵がたまってきたら、ぜひおすすめしたいのがオリジナルグッズ作りです。家にプリンターがなくても、印刷所へ頼まなくても、簡単なものは自分で手作りできますよ(^_^)

小さいから自宅に飾りやすい、コレクションして楽しいポストカード

私は新しい絵が完成すると、まずポストカードを作ります。家のプリンターが使えないので、データをUSBメモリーに入れて近くのコンビニ(セブンイレブン)から印刷しています。

家の中にはこのポストカードを飾っている額縁があります。新しい絵を印刷したら、新しいポストカードと差し替え。古いポストカードはハガキ用のアルバムへ大事にしまっておきます。そして絵を描くほど、このポストカードコレクションは増えていきます。

そして時折コレクションを取り出して、机に広げてみるんです。今見ると恥ずかしいと同時に微笑ましい昔の絵、何日もかけて描いた手の込んだ力作、新しい描き方を試してみた実験作、などなど。自分の絵の遍歴をながめ、長い道のりを歩いてきたんだなぁとしみじみ(^^)

パソコンで水彩画を描いてポストカード

こうしたコレクションが1冊あると、人に作品を見せるときにも便利。お茶会や交流会など人の集まる場で自分の趣味を語るときにも活躍します。

お手製シールを貼るだけ。オリジナル猫グッズも格安で作れる

私は動物イラストをよく描きます。我ながらかわいいと思える作品ができたると、ぜひこれを身近な場所に置きたいという気持ちがむくむく沸いてきます(笑)。

もちろんグッズを作ってもいいのですが、そう毎度毎度作っていたら部屋が散らかりますし、費用もかさみますよね。

そこでおすすめなのがシールです。シールを作って部屋にある文具に貼れば、ほらこの通り。世界でただひとつのオリジナルネコグッズができました。

オリジナル猫グッズも自宅で手軽に作れる

プリンター不要。自家製シールはコンビニ印刷とザイロンで作れる

家にプリンターがなくても大丈夫。Zylon(ザイロン)というお手頃価格のシール作成機があります。

ある程度絵を描きためたところで、A4またはB5用紙にまとめてカラー印刷します。この紙を切ってザイロンに通せば、シールのりと合体。あとは普通のシールのように裏の紙をはずしてはるだけ。

ZYRONがあればイラストからシールを作れる

シール1枚を身のまわりの小物に貼るだけで、雰囲気ががらりと変わって楽しいですよ。

交流会で顔を覚えてもらいやすくなる。イラスト付き名刺で差別化

名刺に絵を添えると、無機質だったイメージが途端に個性的になります。

私は講師の仕事をしているので、自分の似顔絵イラストを添えて親しみやすさアップに活用しています。

自分の似顔絵イラストで名刺を作れば交流会の話題作りにも便利

イラストでなくともかまいません。たとえば、水彩で描いたお花を載せるだけでも雰囲気のある名刺に早変わり。

人脈を広げたくて名刺を渡すとき、当然ながら自分のことを覚えてほしいですよね。けれども大勢の人と名刺交換したあとで、お互いに覚えている人はどれだけいるでしょうか。

私が恥ずかしながらも自分のイラストを載せているのは、そんなわけもあります。「私が描いたんです」名刺を渡すしながらそう説明すると、相手は少なからず反応してくれます。こうして相手の中に記憶のとっかかりを作れるのです。

個人で少数のグッズ作成ができる印刷所はぜひ使いたい

ここでご紹介したのは、グッズ作りのほんの一例。コンビニのプリンターを利用するだけでも、アイデア次第でポチ袋など様々ものが作れます。印刷所の力を借りれば、クリアファイルやマグカップなど市販品クオリティの小物も作ることができます。

そして自信作はネットショップや手づくり市で売ることができるんです。自分の絵が商品となり、人の手にとってもらえる。考えただけでもワクワクしますね。たくさん売れたら、お小遣い稼ぎや副業にするのも夢ではありません。

絵を描いて、飾って終わりなんてもったいない。オリジナルグッズにして活用すれば、1枚の絵でまた新しい楽しみ方ができるのです。絵の活用によって広がる可能性は無限大。ぜひ絵を描いたら、グッズ作りにもチャレンジしてみてくださいね。