ロゴ

ねこデジタル絵画教室│PCでもiPadでも習える、成増教室・ネットレッスン

Slider
パソコンでミニ水彩塗り絵を体験できる、アートな習い事きっかけレッスン
パソコン絵画教室ヘッダー
Slider

スケッチを気軽に日常生活の中で楽しみたい

iPad miniで公園スケッチの趣味を楽しむ

旅行へ出かけなくても近所で十分楽しめる

旅スケッチへいきなり出かけても挫折する

外で絵を描くというと、風光明媚な土地へ旅行して描くものと思われるかもしれませんね。でもわざわざお金をかけて遠出をする必要はありません。おそらく、あなたのご近所だけで一生楽しめます。

それに知らない土地でのスケッチはなにかと神経を使います。ここはスケッチができるほど混んでいないだろうか、トイレはあるだろうか、ゆったり絵を仕上げられるカフェはあるだろうか、など。

私も絵を描き始めて間もない頃、旅スケッチをしようと沖縄へ行ったことがあります。でも結局周囲の目が気になってしまい、描いたものといえば飛行機の中でのこの1枚だけでした。あぁ、もったいない。

飛行機の窓からの景色を水彩スケッチ

スケッチデビューは家のそばで

というわけで。旅スケッチに出かける前に、まずはご近所でのスケッチデビューをおすすめいたします。

散歩のお供に、スケッチブックと鉛筆を持って出かけましょう。スケッチブックは荷物にならない、小型のものでかまいません。たったこれだけで、ただのお散歩タイムが素敵なアートタイムへと早変わり!

ぜひ足下の名もなき草花に目を向けてみてください。これまで気にも止めなかった雑草の花でも、スケッチのモチーフとしてながめると魅力的に見えるから不思議です。

公園スケッチを楽しむコツ

初心者に最適なのは設備が充実している公園

家のそばの通りでは描くのが難しいという方には、公園の花壇がおすすめです。

公園の花壇はスケッチ練習にもってこい

公園にはベンチやトイレもあるので、休憩したいときも安心♪ 少し大きい公園だと飲み物の自販機や売店があるので、長く腰を据えて描くこともできます。スケッチは意外と体力を消耗します。最低限、近くにベンチはほしいところですね。

公園で描くデメリットと言えば、人通りが多いこと。人の邪魔にならない場所で描いても、結局人通りはあります。なにを描いているのか気になって、さりげなく後ろを素通りする方もいらっしゃいますしね(笑)。

私はいつも30分~1時間足らずでサクッと描いて終わりにします。

公園を散歩しながら花スケッチ

そして時間のあるときにパソコン水彩で着色した絵がこれです。別のお花ですけれど(^^ゞ 水彩は鉛筆スケッチと非常に相性が良く、まるで線が絵の具に溶けたかのような一体感に仕上がります。

大人の塗り絵(水彩着色):光が丘公園のサザンカ

もしiPadとペン(※Apple Pencil推奨)があれば、下書きから着色までその場ですませることもできます。

iPad miniで公園スケッチの趣味を楽しむ

デジタルで描く水彩画って、どんな感じ?と気になる方は、教室の体験会で実際お試しもできます。必要な道具はすべて揃っているので、手ぶらで参加できます。

野外スケッチではモチーフの写真を忘れずに撮影

おっと。スケッチの現場を去る前に、モチーフとした対象の写真を撮っておいてくださいね。

写真さえあれば、スケッチが途中でもあとで続きを描けます。着色する際もこの写真を参考にしながら塗ることになります。

赤いものなど写真で大きく色が変わってしまうものはできるだけ色を目に焼き付けます。タブレットがあれば、実物を見ながらお絵かきアプリで色を作っておくと便利です。

コンパクトチェアーで足の痛みを解消

スケッチ初心者の頃は線に迷ったり、描き直しが多かったりで、完成までにとにかく時間がかかります。隣りの花まで描いていたら、あっという間に1時間経ってしまった、なんてことも。

そうしてだんだん、足が痛くなってきます。優雅な趣味であるはずのスケッチがなぜか筋肉痛の時間になっていました。

そこで、救いを求めたのが文明の利器。軽量の折り畳みイスです。重さも300g程度なので、スケッチブックと一緒にカバンへ入れても苦になりません。

アウトドア用品店をのぞくと、安いものから高いものまで、軽いものから重くて座り心地の良いものまで、折り畳みイスが豊富に揃っています。

公園や街中で使うのであれば、人の邪魔にならない大きさ、持ち運びしても苦にならない重さがポイントかと思います。座り心地はそんなに気にしなくても大丈夫。どれを選んでも、イスなしで描いているときより断然楽になります。

おいしいご褒美がスケッチの充実感を深めてくれる

スケッチが終わったら、私は公園内のパン屋さんへ向かいます。そして焼き立てのマークがついているパンをひとつだけ買って、家路をたどります。

まだほんのり温かいご褒美パンを頬張りながら、一仕事終えた公園をながめつつ歩いていく。変わりつつある季節をながめて、次はあの花を描こうかなと思いをめぐらす。普段の散歩にほんのひと工夫しただけなのに、とても深い充実感を得られます。

もっと優雅に締めくくりたいという方は、ぜひご近所のカフェを探してみてください。あまり混んでいなくて、ゆったり過ごせる雰囲気のお店がおすすめです。

お茶とケーキを片手に、先ほどのスケッチを仕上げましょう。余裕があれば、店内のおしゃれな小物を描いてみるのもいいですね(※お店の方の許可要)。

絵は趣味で、それもまだ駆け出しなのに。まるで芸術家のような気分を体験できます(^^)


スケッチに関する記事は他にもあります